リキッド

リキッドレビュー『Vented(ベンテッド)』



フレイバーバランス

甘味 :★★★☆☆:ほのかなバニラの甘味(普通のタバコ基準だと強め)
酸味 :☆☆☆☆☆:特に酸味は感じない。
苦味 :★★★☆☆:やや強めの苦さ(普通のタバコ基準だと弱め)
常用性:★★★★★:電子タバコ版のキャスター(日本タバコ製品)のような感覚で吸える。
中毒性:★★☆☆☆:安定して吸えるが故に、猛烈に吸いたい瞬間は無い。

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『Vented(ベンテッド)』です。

味わい

最初のひとくちを味わった瞬間、出た言葉は「なんだ、これは!?」でした。
電子タバコを吸っているとは思えない『タバコらしい』味わいだったからです。

既に電子タバコに馴染みのある方は知っておられるかと思いますが、電子タバコとタバコでは味わいが全く違います。
だというのに『Vented(ベンテッド)』はタバコに実によく似せているのです。

実際にタバコと吸い比べてみるとバニラベースの甘味が強く、タバコ独特の辛味は薄いです。
とはいえ、電子タバコとしては新感覚ですよね。

通常のタバコから電子タバコへの移行を考えられている方ならば、この手のリキッドが1つは欲しいところです。
そうすれば、すぐに完全な禁煙に移れなくとも、タバコの減煙には繋がるでしょう。

最後に、吸う際の注意点です。

このリキッドは、電圧調整が出来る電子タバコをお使いならば、いつもより弱めの電圧で吸うのをオススメします。
『タバコ風味』であるためか、高電圧だと普段より喉がいがらっぽくなりやすいように感じます。

ブランドの特徴

このリキッドを作ったブランドは、なんと『ELECTRUM(エレクトラム)』です。

驚かれませんでしたか?

タバコの風味、その辛さや苦さを、持ち前のマイルドな甘味(今回はバニラ)でバランスを取る。
この手法は、実に『ELECTRUM(エレクトラム)』らしいですよね。

まとめ

一言であらわすなら「電子タバコ版のキャスター」です。

フレーバーの材料は、タバコとバニラですから、当然バニラ風味のするタバコ、つまりキャスターに似ますよね。

>>Vented(ベンテッド)はこちらからどうぞ

続きを読む

リキッドレビュー『MS WHITE(ミス ホワイト)』



フレイバーバランス

甘味 :★★★☆☆:フルーツ感覚の甘味を感じる
酸味 :★★★★☆:柑橘系とも異なる、ほのかな酸っぱさ。
苦味 :★☆☆☆☆:苦味とは若干異なるが、紅茶に近い後味と余韻。
常用性:★★★★★:変なクセが無く、スタンダードで常用できる。
中毒性:★★★★★:吸えば吸うほど、後もうちょっと……が止まらない。

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『MS WHITE(ミス ホワイト)』です。

味わい

フルーツをベースとしたリキッドとしては、非常にスタンダードな出来です。
甘味と酸味のバランス、ジューシーさ、爽やかさなどの必須要素は高品質で安定しています。

特筆すべきは『柑橘系とも異なる、ほのかな酸っぱさ』です。
材料に使っているのは、ドラゴンフルーツ。
日本では聞きなれない果物だと思いますが、なんとサボテン科の植物の果実です。
『ピタヤ』とも呼ばれますね。こちらの名前の方が聞いたことのある人は多いかもしれません。
ひとくちにピタヤと言っても幾つか種類がありますが、甘味と酸味をもつホワイトかレッドでしょう。

普段では口にすることの無い珍しい味わいで、新鮮な体験が出来ました。

真っ先に感じる味は、こうしたジューシーなフルーツ感ですが、後味もあります。
ほんのりと感じる苦味……とも若干異なるのですが、紅茶の後味と余韻が残ります。

この紅茶感が、吸えば吸うほど後もうちょっと味わいたいという気分にさせてくれるのです。

こうした先味と後味をしっかりとデザインされているのは、良いですね。
『ユーザーにどういう体験を提供するのか』をしっかりと考えている証拠です。

注意点として、電圧を調整できる電子タバコ(MOD)を利用して吸うなら、電圧は弱めが良いです。
上げすぎると折角の味が飛び、酸味が辛味に変化します。
このあたりは、デリケートな作品ですね。

ブランドの特徴

ブランドは、フルーツ系リキッドの専門ブランドのNO.1。
王道を行く『ALPHA VAPE(アルファ ベイプ)』です。

毎回、万人受けする商品を作っているだけあって、今回も安定した出来と言えるでしょう。
日本のコンビニなどでも、午後○紅茶(念のため伏字)のドラゴンフルーツ味みたいな感覚で売っていそうな味わいに仕上げています。

まとめ

紅茶の味わいが好きで、ドラゴンフルーツを味わったことが無いならば、ぜひ試してみてください。
新鮮な体験が楽しめますよ。

 

>>MS WHITE(ミス ホワイト)はこちらからどうぞ

続きを読む

リキッドレビュー『Blonde(ブロンド)』



フレイバーバランス

甘味 :★★★★☆:シュークリーム・パンケーキ・プリンなどのような味わい
酸味 :☆☆☆☆☆:酸味はない。
苦味 :☆☆☆☆☆:苦味はない。
常用性:★★☆☆☆:デザートが食べたい時に。
中毒性:★★★☆☆:やや人を選ぶ。甘味好きなら。

マイルドな甘口。エッグカスタードファンに好評

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『Blonde(ブロンド)』です。

味わい

今回はレビューを書くのに難儀しました。なかなか難しいリキッドだからです。

前置きはコレくらいにして、どんな味わいか説明いたします。

まず、この製品はエッグカスタードのフレーバーです。
想像しやすいのは、シュークリームやプリンでしょうか。
それも、生クリームや牛乳より圧倒的に卵の比率の高いモノです。

低電圧の電子タバコを使って吸った時に顕著なのですが、卵独特の生臭い匂いがすることがあります。
必ず、高電圧の電子タバコや、MOD、APVを使いましょう。

>> APVとは

高電圧で吸ったときには、カスタードを頬張ったときのような甘さを感じることができます。
これは素直に美味しい。生臭さも消し飛んで、実に良い感覚です。

筆者は、甘めのリキッドを吸うときはコーヒーを飲みながら吸うのですが、
デザートとして蜂蜜のかかったパンケーキや、卵いっぱいのプリンを食べているかのような感じでした。

ブランドの特徴

甘味と言えば、あのブランド……そう、『ELECTRUM(エレクトラム)』です。

実は今回紹介した『Blonde(ブロンド)』は、
以前に紹介したリキッド『CRUCIBLE(クルーシブル)』と、同じブランドの商品です。

マイルドな甘味が実に特徴的です。
『Blonde(ブロンド)』の場合は、我々日本人からするとちょっと個性的な甘さとも思えますね。

甘い飲み物が飲みたいなら『CRUCIBLE(クルーシブル)』で、
甘いデザートが食べたいなら『Blonde(ブロンド)』と言ったところでしょうか。

まとめ

吸い方にちょっとした工夫が必要になりますが、それ以外は概ね美味しいフレーバーでした。

「お菓子を食べたいが、あまり多くはいらない」というような時に、味わいだけ堪能できます。

 

>>BLONDE(ブロンド)はこちらからどうぞ

続きを読む

リキッドレビュー『THE DUDE(ザ デュードゥ)』



フレイバーバランス

甘味 :★★★★★:フルーティな甘味。先味のモモ。
酸味 :★★★★★:フルーティな酸味。後味のパイナップル。
苦味 :☆☆☆☆☆:苦味はない。
常用性:★★★★★:常用できる。常に吸っていても良い。
中毒性:★★★☆☆:たまに別の味が吸いたくなる。

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『THE DUDE(ザ デュードゥ)』です。

味わい

名前から味わいが想像できないため、まずは一口吸ってみました。

甘味と酸味……そう、フルーツ系フレーバーですね。
どうも、いくつかの果物をミックスしているようです。

甘酸っぱさのベースはモモでしょうか。
酸味の強い味わいは、パイナップル。
まだ他に混ざっているのがわかるんですが、何かわからなかったため、製品情報を確認してみました。

なんと、マンゴーです。馴染みがないからわからなかったんですね。

改めて調べてみると「フルーツサラダミックス」と銘打った製品でした。
三種のフルーツを同時に味わえるのは、なんだか贅沢です。

今の時代、スーパーでも果物は売ってますが、量が多くて1人では食べられません。
ほんの少し、ひとくちか、ふたくちでも味わえれば満足なんて時には困ります。
コンビニならフルーツミックスも売ってますけれど、新鮮さが足りませんよね。

その点、リキッドなら数日で劣化したりはしません。

この商品もプレミアムリキッドなので、質の良さは言うまでもないですが、
新鮮な果物を丸齧りしたような感覚は、何度味わっても良いものですね。

ブランドの特徴

生産者は『ALPHA VAPE(アルファ ベイプ)』と言うブランドです。

フルーツ系リキッドの専門ブランドで、さらに『THE DUDE(ザ デュードゥ)』は、
同ブランドにおいて、売上商品 No.1だそうです。

アメリカでは非常に人気が高く、万人に親しまれているんだとか。

フルーツ系リキッドの専門ブランドと言えば、類似に『SEDUCE JUICE(セデュース ジュース)』があります。
しかし、どちらにも良い点があると言えますね。

『SEDUCE JUICE(セデュース ジュース)』は、吸っている人を魅了するような蠱惑的な味わいにしよう!
というような意気込みが感じられ、そうした遊び心はブランドの特徴として良いところではあります。

でも、万人受けするかというと、ちょっと遊びすぎというか、気合が入りすぎているところもあります。

比べてみて『ALPHA VAPE(アルファ ベイプ)』の場合は、目指すところが王道なのでしょう。
老若男女、味の好みを問わず、みんなが美味しいと感じる普遍的な味わいをフルーツテイストで表現する。

そういう印象を感じました。

まとめ

フルーツ系フレーバーのリキッドは多々あれど、安定して誰もに薦められるリキッドは中々ありません。
『THE DUDE(ザ デュードゥ)』なら、薦めても間違いはないでしょう。

迷ったらコレ、と言えます。

>>THE DUDE(ザデュードゥ)はこちらかどうぞ

続きを読む

リキッドレビュー『WHITE WALKER(ホワイトウォーカー)』



フレイバーバランス

甘味 :★☆☆☆☆:隠し味。おそらくはフルーツ系。
酸味 :★☆☆☆☆:隠し味。おそらくはフルーツ系。
苦味 :☆☆☆☆☆:苦味はない。
常用性:★★★☆☆:1本はストックをしておきたい。
中毒性:★★★★★:リフレッシュしたいなら、迷わずコレ。

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『WHITE WALKER(ホワイトウォーカー)』です。

味わい

「氷った世界からきた!!」というキャッチコピーに偽りなしです。

メンソール系の清涼感あふれるリキッドで、吸い込んだ瞬間からスッキリさわやかになります。
メンソール系のガムなどをお好きな方なら、すぐにマッチするでしょう。

筆者もガムを噛むことが多いのですが、ガムを食べている間はタバコが吸えないのが辛いのです。
この商品なら、そのどちらもを一緒に満たせるのがありがたいですね。

気分をリフレッシュさせたい時や、口内をリフレッシュさせたい時に良いです。
揚げ物などを食べた後に吸ってみると、気分爽快でした。

メンソールっぽさしかないのかというと、そうでもありません。
甘味と酸味を、ほのかに感じさせてくれます。
隠し味とでも言うのでしょうか。だからこそ、飽きさせません。

ブランドの特徴

なんと、こちらは『SEDUCE JUICE(セデュース ジュース)』の商品でした。
日本訳するなら『蠱惑的なジュース』なんてブランド名なのに、びっくりです。

例えて言うなら「今回はどんなイケメンホストがやってくるんだろう」と思っていたら、
「清涼感あふれる好青年が、にこやかに微笑んでいた」という驚きです。

こんな商品も作れるとは、なかなか幅広いですね。
そして、納得もいきました。

『SEDUCE JUICE(セデュース ジュース)』と言えば、フルーツ系フレーバー。
隠し味っぽい甘味と酸味は、少しだけ混ぜられたフルーツなんでしょうね。

まとめ

大変面白いフレーバーでした。

単なるメンソールにも落ちず、しっかりとブランドの魅力を見せてくる。
非常に憎らしい演出だと思います。

メンソールが嫌いでない方は、迷わず試してみてください。

>>WHITE WALKER(ホワイトウォーカ)はこちらからどうぞ

続きを読む

ツールバーへスキップ