リキッド

リキッドレビュー『SNAKE OIL(スケークオイル)』



フレイバーバランス

甘味 :★★★★☆:フルーティーな甘味を強く感じる
酸味 :★★★★☆:洋ナシのような程よい酸味
苦味 :☆☆☆☆☆:苦味はない。少しだけ感じるのは、ニコチンの後味。
常用性:★★☆☆☆:個性が強く、常用しにくい。
中毒性:★★★★☆:気がつくと、ふとした瞬間に欲するようになる。

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『SNAKE OIL(スケークオイル)』です。

味わい

『デザートフルーツ』のフレーバーらしい、爽快な味わいです。
煙を吸い込んで、すぐにフルーティーな甘味と酸味がミックスされた味わいが口内に広がります。
ベースになるのは洋ナシで、まるで新鮮な果実を齧ったときのような感覚が快感ですね。

味がしつこくないのも良い点です。
煙を吐き出すのに合わせて、急速に消えていきます。
後味や余韻は残りませんが、だからこそ、ついつい何度も味わいたくて吸ってしまうという中毒性につながります。

食後にもう一品、サッパリしたものが食べたいときなどに良いですね。

ブランドの特徴

この作品のリキッドブランドは『SEDUCE JUICE(セデュース ジュース)』です。
和訳するならば『蠱惑的なジュース』と言ったところでしょうか。

名前のとおり、ジュース=果物を使った飲料をモチーフとしたフルーツ系リキッドが特徴です。

もしフルーツ系リキッドで何を吸おうか迷っているなら、まずはこのブランドの製品から選ぶのが良いでしょう。
安定感は強く、多くの電子タバコユーザーが「ここのフルーツ系リキッドなら外れはない」というほどです。

まとめ

日常のちょっとしたシーンで吸いたくなる、中毒性の高いフレーバーです。
ゆったりとリラックスするような瞬間ではなく、目が覚めるような味わいを求めるときです。

逆に、常用しようとすると慣れてしまったりして勿体無いです。

 

>>SNAKE OIL(スケークオイル)はこちらかどうぞ

続きを読む

リキッドレビュー『CRUCIBLE(クルーシブル)』



フレイバーバランス

甘味 :★★★☆☆:やや甘め。ミルキーかつクリーミー。
酸味 :☆☆☆☆☆:酸味は無い
苦味 :★☆☆☆☆:苦味はあるが、若干。しっかりとしたコーヒーらしさを感じる
常用性:★★★★★:実際にカフェラテを飲む感覚で、いつでも使える
中毒性:☆☆☆☆☆:味わいは特徴的ではない

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『CRUCIBLE(クルーシブル)』です。

味わい

『デザートコーヒー』と呼ばれるジャンルのフレーバーで、かつカフェラテのような味わいです。

一口目を吸っていただくと、すぐにクリーミーで控えめな甘さが口の中に行き渡り、ついでコーヒーの微かな苦味が打ち消します。
そして、余韻を残しながらもスッと味わいが消えていくのが分かっていただけると思います。

甘みというのは一般的に快感ですが、行き過ぎると嫌味に繋がります。
つまり、バランス感覚が難しいのです。

しかし、このフレーバーは『カフェラテ』という甘味と苦味を両立させた飲料をモチーフにして、上手にバランスを整えています。

ブランドの特徴

もともと、この作品のリキッドブランドである『ELECTRUM(エレクトラム)』は、甘めの口当たりが特徴のようです。
甘み自体が苦手と言うユーザーからはクセの強いブランドであると言われております。

日本のタバコで例えるならば、日本タバコの製品であるキャスター・ブランドが近いかもしれません。
比べてみると、キャスターほどバニラエッセンスっぽさが無い代わりに、ややクリーミーな味わいは似ています。

日ごろから、その手のタバコを吸っている方であれば、馴染みやすいのではないでしょうか。

まとめ

日常的に吸っていられるオーソドックスなフレーバーです。
また、ひと息ついて休みたいときや、食後などのリラックスタイムに向いています。
まさに、『デザート』のように楽しむ『コーヒー』です。

逆に、特徴を強く押し出すタイプのフレーバーではありません。
そのため、なにかいつもと違った変化や刺激を求めているときは、別のリキッドが欲しくなるでしょう。

>>CRUCIBLE(クルーシブル)はこちらからどうぞ

続きを読む

ツールバーへスキップ