リキッドレビュー_『Monkey Cream(モンキー クリーム)』

今回ご紹介するのは、リキッド『Monkey Cream(モンキー クリーム)』です。

説明するまでも無いですが、材料に猿を使ってるわけではないですよ。

ブランドが『VAPING MONKEY(ベーピング モンキー)』で、リキッド名にもMonkeyがよく使われているようです。

クリームというからには、スイーツ系で、バタークリームをメインにした味わいなのでしょうか?

でも、それだけだと単純ですよね。

アメリカでは、かなり人気のブランドということもあって、期待は深まります。

味わい

さて、それではテイスティングをば……。

あ、懐かしい。なんだか優しい甘さを感じます。

べっ甲飴? いや、そこまでクセは無いです。

なんだか、砂糖やらバターやらクリームやらの風味を感じます。

それらを煮詰めたような……キャラメル?

いえ、どちらかといえばプリンに掛かっているカラメルソースですね。

そして、妙にクセのある味わいがもうひとつ隠れてますね。

少し焦げたような、ささやかな苦味というか、酸味というか。

例えるなら、デザートリキュールのような。そんな微かな後味があります。

別にお酒を混ぜているわけではないと思いますけれど。

電子タバコの性質上、コイルの電熱でリキッドを気化させておりますから、
その過程でカラメルの味わいが軽く焦げ付いて、こんな味わいが生まれるのかもしれませんね。

このおかげか、パッと見れば子供っぽい味わいなのに、どことなく大人な印象を受けます。

人気が出る秘訣はこのあたりなのでしょう。

また、他のリキッドと比べると、吸ったときの煙の美味しさがズバ抜けています。
代わりに吸い口は軽め。ライトユーザーには間違いなくオススメできます。
ヘビーユーザーにとっては、少々物足りないかもしれませんね。

最後に、煙の味わい方でオススメの吸い方をご紹介します。

まず、吸い口を銜えます。
次に、スパスパと煙を口中で燻らせ、馴染ませてください。
その後、煙をすべて吐き出します。
そして、軽く深呼吸をし、呼吸を鼻に通します。

こうすることで、軽く焦げたカラメルの香ばしい匂いが、あるいは何かを焙煎するときの香りが、
頭をスーッと流れていきます。これは一度味わうとクセになりますよ。

ブランドの特徴

ブランドは『VAPING MONKEY(ベーピング モンキー)』です。

名前から使っている材料が分かりにくいブランドですが、基本的にスイーツ系やフルーツ系です。

方向性はオーソドックス、クオリティは上々といったところでしょうか。

このブランドにおいて、大きな外れというのはそう無いようです。

初心者の方にもオススメできる、そんな安心感のあるブランドですね。

総評

単純と思いきや、しっかりと骨太な味わいを持っています。

常用を考えると独特なリキッドは選びにくいし、フルーツ系は苦手。

そんなライトユーザーさんに、まずはこちらをオススメします。

>>Monkey Cream(モンキー クリーム)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ