リキッドレビュー_『Oh Face(オーフェイス)』

今回ご紹介するのは、リキッド『Oh Face(オーフェイス)』です。

ブランドの方はボストンにあるBeantown Vapeで、都市の名前を冠しているのは味がありますね。

そしてリキッドの名前がコレですから、期待が高まります。

顔というのは重要ですからね。ブランドの看板という意味なのか、果たして……?

味わい

さて、味わってみますと……フルーツ系リキッドですね、これ。
実に甘酸っぱい。酸っぱさの方がやや強く、実にフルーティでさっぱりとしています。

吸いながら口の中で煙を味わってみると、まろやかな甘さも感じられます。こちらはクリームですかね。
酸っぱさも相変わらず感じられますが、甘さが良いアクセントとなっていて、ついつい吸い続けてしまう、そんな味わいです。

口に入れて吸っている間は、まろやかに甘い。
ちょっと口を離して空気と混じらせながら吸うと、今度は甘酸っぱい。
煙を吐き出すときには、味わいが逃げていく気がして、寂しくなる。

面白いリキッドですね。

飛びぬけた独創性こそありませんが、毎日のように吸っていても飽きそうにありません。
いつも吸っていられる汎用性、という点では、このくらいの味わいがちょうどいいのかもしれません。

材料について調べてみますと、ストロベリーとクリームとのこと。
シンプル・イズ・ザ・ベスト、ですね。
複雑な味わいは確かにありませんが、あまりゴテゴテと飾られていると飽きやすいです。

高ニコチンの商品もあり、それでも味が壊れにくいというのもグッド。
高電圧から低電圧まで試してみましたが、クオリティは安定しています。
煙の量は平均的で、吸い応えもそれなり。

目立った売りこそありませんが、日常的に使えるリキッドとしては、万人にオススメできますね。

ブランドの特徴

ブランドは『Beantown Vape(ボストン ベイプ)』です。

その名のとおり、ボストンにあるリキッド・ブランドですね。

今回はシンプルなリキッドを紹介しましたが、実はフルーツ・スイーツを中心に色々なリキッドを作っています。

バナナ、ストロベリーといったフルーツ。
キャラメル、クッキーといったスイーツ。
ルートビアなんて炭酸飲料を使ったドリンク系のリキッドなんかもあります。

割と手広いフレーバーを使っているリキッドブランドなんですね。
また、都市部だからか、どことなくオシャレ。

興味があれば、他のリキッドも試していただけると幸いです。

総評

ボストンからやってきた『Beantown Vape(ボストン ベイプ)』から、まずは顔見せ、といったところでしょうか。

シンプルながらも、リキッドブランドのベースとなる味付けを見せてくれたように感じます。

日常的に安定して使えるリキッドをお探しの方は、ぜひ試してみてください。

この落ち着いた味わいは、きっと舌に合うと思いますよ。

>>Oh Face(オーフェイス)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ