リキッドレビュー_『CHILLAXIN(チラックシン)』

今回ご紹介するのは、リキッド『CHILLAXIN(チラックシン)』です。

名前の由来は、英語で「冷やす(Chill)」と「リラックスさせる(Relaxing)」で、
この二つを組み合わせてCHILLAXIN(チラックシン)と言います。

味わい

名前のとおり、クールミント・メンソール系です。
日本で販売されているタバコでも「マルボロ・アイスブラスト」などが挙げられます。

この手のタイプのメンソールは最近増えてきましたね。
若者向けなんて、タバコ会社の営業さんなんかがよくおっしゃいます。
そうしたリキッドが出てきたのも、時代の流れなのかもしれませんが。

味わいの方はというと……。

ひとくち吸い込むと、まるで森の中で深呼吸したかのような清涼感が広がります。
それも、正月の元旦の朝に、窓を開けたときのような爽快感を伴って。
非常に夏に合いますね!

他のリキッドと比較すると……。

似たようなリキッドにセデュースジュースの「ホワイトウォーカー」があります。
あっちの方がクールメンソール感は強いのです“が”

チラックシンの売りは、清涼感だけではありません。
ミントなどのハーブ配合によるリラックス効果も付与されていることです。

先ほど「森の中で深呼吸したかのような」といいましたが、ミントの感覚がまさにこれ。
すごく落ち着くんですよ。
たとえて言うなら、朝一番に味噌汁を飲んだときのように、心がホッとするんです。

暑い夏にも良いですが、仕事の休憩中などにリラックスを得たいシーンでオススメします。

ブランドの特徴

ブランドは「アダムボンブ(ADAM BOMB)」です。

スイサイドバニーと同じく、リキッドのカバーに女性が描かれています。
アダムボンブは青い容器、スイサイドバニーは白い容器と覚えると見分けやすいです。

デザート系のリキッドメーカーという点でも、スイサイドバニーと被りますね。
機会があれば、両者似たような製品を比較してみたいと思います。

まとめ

クール&リラックス=チラックシン。まさに名前どおりの一品でした。

夏場はただでさえ暑く、仕事も繁忙期で忙しくなりがち。
そんな時期には打ってつけと言えるでしょう。

>CHILLAXIN(チラックシン)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ