リキッドレビュー『CRUCIBLE(クルーシブル)』

フレイバーバランス

甘味 :★★★☆☆:やや甘め。ミルキーかつクリーミー。
酸味 :☆☆☆☆☆:酸味は無い
苦味 :★☆☆☆☆:苦味はあるが、若干。しっかりとしたコーヒーらしさを感じる
常用性:★★★★★:実際にカフェラテを飲む感覚で、いつでも使える
中毒性:☆☆☆☆☆:味わいは特徴的ではない

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『CRUCIBLE(クルーシブル)』です。

味わい

『デザートコーヒー』と呼ばれるジャンルのフレーバーで、かつカフェラテのような味わいです。

一口目を吸っていただくと、すぐにクリーミーで控えめな甘さが口の中に行き渡り、ついでコーヒーの微かな苦味が打ち消します。
そして、余韻を残しながらもスッと味わいが消えていくのが分かっていただけると思います。

甘みというのは一般的に快感ですが、行き過ぎると嫌味に繋がります。
つまり、バランス感覚が難しいのです。

しかし、このフレーバーは『カフェラテ』という甘味と苦味を両立させた飲料をモチーフにして、上手にバランスを整えています。

ブランドの特徴

もともと、この作品のリキッドブランドである『ELECTRUM(エレクトラム)』は、甘めの口当たりが特徴のようです。
甘み自体が苦手と言うユーザーからはクセの強いブランドであると言われております。

日本のタバコで例えるならば、日本タバコの製品であるキャスター・ブランドが近いかもしれません。
比べてみると、キャスターほどバニラエッセンスっぽさが無い代わりに、ややクリーミーな味わいは似ています。

日ごろから、その手のタバコを吸っている方であれば、馴染みやすいのではないでしょうか。

まとめ

日常的に吸っていられるオーソドックスなフレーバーです。
また、ひと息ついて休みたいときや、食後などのリラックスタイムに向いています。
まさに、『デザート』のように楽しむ『コーヒー』です。

逆に、特徴を強く押し出すタイプのフレーバーではありません。
そのため、なにかいつもと違った変化や刺激を求めているときは、別のリキッドが欲しくなるでしょう。

>>CRUCIBLE(クルーシブル)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ