リキッドレビュー_『MADRINA(マドリーナ)』

今回ご紹介するのは、リキッド『MADRINA(マドリーナ)』です。

日本だと「マドリーナ」というか「マドンナ」は、美しい女性だとか、ヒロイン的存在に使いますね。
「クラスのマドンナ」なんて。
いつの時代の言葉になるか、もう分かりませんが。

海外では、聖母マリア様のことを「マドンナ」とも言います。
また、洗礼式の際に、女性の介添え人のことを「マドリーナ」というそうです。

宗教的な意味合いと、そうした女性のイメージを持つリキッドなわけですね。

そう考えると、パッケージに描かれた女性もどことなく厳かな雰囲気が感じられませんか?
手には十字架と……ドクロについては、見なかったフリをしましょう。ええ。

味わい

味わいの方ですが、なんとキャッチコピーは『超メロン!』、メロンクリームソーダ味なんです。

『マドリーナ』のイメージで、何故メロン?と首を傾げている方もいるでしょう、が。

洗礼というのは、日本で例えれば「七五三」のイベントにも似た点がございます。
子供の頃に洗礼を受けることも、珍しくないわけです。
(厳密には、それぞれの意味合いは違いますけれども)

子供の頃のイベントというのは、ご褒美も伴いますよね。
何かのイベントに参加するごとに、何かを買ってもらえたり。
メロンクリームソーダのアイスやジュースとか、そもそもメロンが食べられたりとか。
そういった、幼い頃の思い出を想起させるようなリキッドなわけです。

話が逸れてしまったので戻します。

味わいとして、真っ先に感じるのは芳醇濃厚なメロンの甘味と酸味。
どちらも、滴るようなジューシーな果汁感を感じることができます。

続いてくるのは、クリーミーなメロンの甘さです。
口の中でほんのりと広がる、優しい感じですね。

こう書くと、ただただ甘いのかなと思うかもしれませんが。

そうではありません。後味のキレが良いんです。
甘さがスッと、ウソみたいに消えていきます。

この後味のキレというのは重要で、甘ったるくて後味もしばらく残るとなると、次の一息が吸いにくい。
逆に、キレ良く甘みが消えていくと、また味わいたくなるものです。

ちょっと物足りない、が凄く良いんです。

この後味のキレの良さと言うのは、甘口の(デザートorジュース系)リキッドにおいて、特に重要です。
その点で、マドレーナは良くできたリキッドだと思います。

ブランドの特徴

ブランドは『SUICIDE BUNNY (スイサイドバニー)』です。

アダムボンブと同じく、リキッドのカバーに女性が描かれています。
アダムボンブは青い容器、スイサイドバニーは白い容器と覚えると見分けやすいです。

スイサイドバニーは、デザート系フレーバーに特化したブランドです。
バタークッキーや、ココナッツクリームケーキなど、まさにデザートというようなリキッドを作っています。

よくジュース系リキッドと比較されますが(材料の相似によって)、
デザート系とジュース系だと、味わいはぜんぜん違いますので、ご注意ください。

まとめ

子供時代に味わったメロンの味をもう一度!

と前置きを引っ張っても良いんですが、マジメに総評しますと……。

メロンを使ったリキッドというのは非常に珍しいです。
おそらく、他ではそうそう無いんじゃないでしょうか?
また、ちまたでメロンを食べる機会もそうありません。

久しぶりに、あの味わいを……とか。
珍しいなら試してみよう、なんて方は、ぜひどうぞ。

>>MADRINA(マドリーナ)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ