レビュー_リキッド『MANCHU (マンチュ)』

今回ご紹介するのは、リキッド『MANCHU (マンチュ)』です。

どことなくアジア系の言葉の響きで、ググると満州人という意味だそうですが、特に関係はありません(笑)
リキッドというのは、ある種、リキッドブランドの作品ですから、名前の由来はしっかりあるはず……。

そう思って色々と調べてみると、「フー・マンチュ」というアメリカの音楽バンドがありました。
出身地はカリフォルニア州の南の方。
そう、ここは南国なんです。

南国というとハワイあたりを思い浮かべやすいですが。
カリフォルニアの南の方でも、南国風の植物が生い茂っていて、ビーチもたくさんあります。
栽培しているフルーツなども、トロピカルフルーツが多いんです。

そういった理由で、今回のリキッド『マンチュ』は、トロピカルフルーツが使った南国風なのかもしれませんね。

なお、リキッドブランドのアルファベイプも、本社はカリフォルニア州です。
ご当地リキッドとして作ったんだろうか……と妄想が広がりますね。

味わい

さて、味わいの方ですが……。

先ほども申しましたとおり、『マンチュ』のテーマは、「トロピカルフルーツ」です。
トロピカルフルーツといっても色々とありますが、マンゴーとグアバを使っています。

まずは一息、吸い込んでみるというと……実にトロピカルな風味が味わえます。

濃厚ではなく、鮮烈。かつ自己主張しすぎない。
また、瑞々しい果実水のようにスッキリと喉を流れていくような清涼感でもって、スっと消えていきます。
喉越しが良いんです。液体じゃないので、飲んでいるわけではないんですが。

逆に、もっとドギツイ味わいのフルーツ感が欲しい場合は、物足りないかもしれません。

……さて、意図的に説明していなかった「トロピカル感」についてですが。

しっかりとこのトロピカルな部分を説明したいところですが、何しろ南国のフルーツは味わいが独特です。
悪い意味ではなく、他に比べられるものが少ないという意味で。

そのため、南国フルーツを知っている方と知らない方に向けて、説明を分けます。

・知っている、という方

マンゴーは、おそらくカリフォルニアで多く作られているグリーンマンゴーが使われているかと思います。

マンゴーの独特の味わいはそのままに、甘さは控えめ、その分まろやかです。
酸味は弱いが為にスッキリとした味わいを感じられるので、前述の清涼感を表現する一助になっています。

グアバは、ほんのりとした甘味と対照的に、キリっとした酸味を感じさせます。
後味を引き締める役割をしっかりと果たしていますね。

・知らない、という方

しいて言えば、マンゴーはオレンジに似た甘さですが、控えめでクドくない。
また、リンゴに似た酸味を持ち、スッキリとしています。

グアバは、甘さは黄桃に似ていますが、程度はホンノリくらいに控えめです。
逆に酸味が強いです。といっても、レモンほどでなく、オレンジの酸味に似ています。

・共通まとめ

如何でしたでしょうか。少しは南国感が伝わっていれば良いんですが……。

他に日本において例えるものといえば……キリンの「トロピカーナ」が挙げられます。
マンチュの味わいは、コレに近いと思います。
また、グアバを使ったバージョンのトロピカーナも販売されていたことがありますから、
味わいはご想像しやすいのではないでしょうか。

電圧調整できるMODを使われると味わいが少々変わります。

電圧を上げると、味の濃度が全体的に濃厚になりますので、アサヒ飲料の「ウェルチ」あたりが似ています。
スッキリさを求めるなら低電圧で軽く吸い、濃度を求めるなら高電圧でじっくり吸うのが良いでしょう。

ブランドの特徴

皆さまご存知の『ALPHA VAPE(アルファ ベイプ)』です。

フルーツ系リキッドの専門ブランドで、アメリカでも非常に人気が高い、王道ブランドです。

完成度の高さは折り紙つき。
今回も安心してご紹介することができました。

まとめ

単調なフルーツの味わいには飽き、濃厚すぎるのも嫌になった。

そういうときには、マンチュを選びましょう。
まだまだフルーツには奥深い味わいがあるんだということを再確認させてくれます。

また、トロピカーナやウェルチなどの南国風・海外風フルーツジュースが好きな方にもオススメです。

>>MANCHU (マンチュ)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ