リキッドレビュー_『STRAWBERRY LEMONADE(ストロベリーレモネード)』

今回ご紹介するのは、リキッド『STRAWBERRY LEMONADE(ストロベリーレモネード)』です。

レモネードというと、日本では何かと割って飲むものというイメージがあります、が。
アメリカでレモネードというと、非常にポピュラーな飲み物です。
夏になると住宅地の道端で、子供たちが屋台を出して、手作りのものを売っているくらい。
子供も大人も飲む、日本人にとっての麦茶と同じくらいポピュラーな飲み物なんです。

そんなレモネードの味わいを再現しつつ、イチゴを加えたのが、このリキッド。

味わい

吸ってみるっていうと、レモンのシャッキリとした酸味が飛び込んできます。
目が覚めるような感覚ですが、そうキツくもない。

例えるならば、味の主役となるレモネードの味わいは、日本で言うとアサヒ飲料の「ほっとレモン」に近いです。
「柑橘系の甘酸っぱさ」を素直に味わえて、かつ「飲み物っぽさ」がある。

柑橘系で、しつこくないというのが一番良いところですね。

レモンにしろオレンジにしろ、ですよ。
味がキツくてしつこいとなると、これは嫌になります。
むしろ、それが良いという方もいらっしゃるかもわかりませんが。

個人的には、スッキリとした酸味を味わって、スッと消えていって欲しいと思います。

ストロベリーレモネードの場合は、そこにイチゴの甘味が加わります。
甘味と酸味のバランスは7:3というあたりでしょうか。
やや甘みが強く「フルーツジュースのような甘酸っぱさ」といって良いでしょう。

レモンとイチゴの甘さを感じた後に、すっきりとしたレモンの酸味が後味として残りつつ消えていく、という味わいです。
日本では、これに比べられる味というのは中々ありません。
ジュースよりもカクテルにありそうな味わいでしょうか。

甘さだけでなく、後味スッキリというリキッドが欲しい方にオススメです。

ブランドの特徴

ブランドは「アダムボンブ(ADAM BOMB)」です。

スイサイドバニーと同じく、リキッドのカバーに女性が描かれています。
アダムボンブは青い容器、スイサイドバニーは白い容器と覚えると見分けやすいです。

デザート系のリキッドメーカーという点でも、スイサイドバニーと被りますね。
機会があれば、両者似たような製品を比較してみたいと思います。

まとめ

比べるものが他にそうない、珍しい味わいのリキッドです。

特に柑橘系のジュースが好きな方にオススメします。

>>STRAWBERRY LEMONADE(ストロベリーレモネード)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ