リキッドレビュー_『UNICORN MILK(ユニコーンミルク)』

今回ご紹介するのは、リキッド『UNICORN MILK(ユニコーンミルク)』です。

ユニコーンといえば幻想上の生物です、が。
それをモチーフにしたリキッドとは、一体全体どんな味わいなのか?

今回もレビューを書かせていただきます。

味わい

さて、まずはひとくち吸ってみますと……。

イチゴの甘酸っぱい味わいに続いて、それを包み込むようにミルクの甘ったるさが利いてきます。
甘い! だけど、それが良いんです。なぜなら、それだけでは終わらないから。
後から利いてくるイチゴの酸味でもって、この甘ったるさを打ち消し、スッと味は消えていく。

この一連の流れが実に美しいですね。
計算されているのだろう、ということを容易く察することができます。

また、イチゴとミルクの味わい、これがとにかく新鮮なんです。
味わいの深さや量というのは加工で調節して、濃厚さや芳醇さに磨きをかけることが出来ます、が。
新鮮さというのは中々味わうことが出来ません。
まるで、もぎたてのイチゴに、トロトロとした練乳をかけて、パクっと頬張ったかのような感覚です。

こんなことは、わざわざ片田舎の農家にイチゴ狩りツアーにでも行かないと味わえないですよ。
それがリキッドで表現されているんだから、驚きました。

ただし、あんまり時間を置くのは良くないようです。
開封してから暫く置いておくと、どんどんと味が劣化したような気がします。
ひょっとしたら保管の仕方が悪かったのかもしれませんが。

しっかりと蓋を閉めるということと、なるべく早く吸いきること。
後は、少量をその都度、購入するのが良いのではないかと思います。

ブランドの特徴

ブランドは「CUTTWOOD(カットウッド)」です。
フルーツとミルクの二本柱を持つリキッドブランド。

材料として良く使うのは、フルーツとミルクですね。

そのほかに、ハチミツやナッツ、シナモンなどの隠し味を施すというスタイルです。

まとめ

カットウッドの持ち味を生かした一品なのでしょう。

シンプル・イズ・ベストな「イチゴの練乳がけ」

余計なアレンジもなく、素直で味わいやすいリキッドです。

>>UNICORN MILK(ユニコーンミルク)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ