リキッドレビュー『Vented(ベンテッド)』

フレイバーバランス

甘味 :★★★☆☆:ほのかなバニラの甘味(普通のタバコ基準だと強め)
酸味 :☆☆☆☆☆:特に酸味は感じない。
苦味 :★★★☆☆:やや強めの苦さ(普通のタバコ基準だと弱め)
常用性:★★★★★:電子タバコ版のキャスター(日本タバコ製品)のような感覚で吸える。
中毒性:★★☆☆☆:安定して吸えるが故に、猛烈に吸いたい瞬間は無い。

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『Vented(ベンテッド)』です。

味わい

最初のひとくちを味わった瞬間、出た言葉は「なんだ、これは!?」でした。
電子タバコを吸っているとは思えない『タバコらしい』味わいだったからです。

既に電子タバコに馴染みのある方は知っておられるかと思いますが、電子タバコとタバコでは味わいが全く違います。
だというのに『Vented(ベンテッド)』はタバコに実によく似せているのです。

実際にタバコと吸い比べてみるとバニラベースの甘味が強く、タバコ独特の辛味は薄いです。
とはいえ、電子タバコとしては新感覚ですよね。

通常のタバコから電子タバコへの移行を考えられている方ならば、この手のリキッドが1つは欲しいところです。
そうすれば、すぐに完全な禁煙に移れなくとも、タバコの減煙には繋がるでしょう。

最後に、吸う際の注意点です。

このリキッドは、電圧調整が出来る電子タバコをお使いならば、いつもより弱めの電圧で吸うのをオススメします。
『タバコ風味』であるためか、高電圧だと普段より喉がいがらっぽくなりやすいように感じます。

ブランドの特徴

このリキッドを作ったブランドは、なんと『ELECTRUM(エレクトラム)』です。

驚かれませんでしたか?

タバコの風味、その辛さや苦さを、持ち前のマイルドな甘味(今回はバニラ)でバランスを取る。
この手法は、実に『ELECTRUM(エレクトラム)』らしいですよね。

まとめ

一言であらわすなら「電子タバコ版のキャスター」です。

フレーバーの材料は、タバコとバニラですから、当然バニラ風味のするタバコ、つまりキャスターに似ますよね。

>>Vented(ベンテッド)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ