リキッドレビュー『WAKONDA(ワコンダ)』

リキッドレビュー

今回ご紹介するのは、リキッド『WAKONDA(ワコンダ)』です。

独特な響きのネーミングですが、これにも由来があります。
アメリカ先住民、スー族の言葉で「天上の力」という意味です。

このスー族ですが、アメリカ人が来る前からタバコをこよなく愛する部族でもありました。
彼らはチャンリと呼ばれる煙草をつめた布袋を持ち歩きます。
また、チャヌンパと呼ばれる聖なるパイプも。

儀式には、このタバコが付き物で、タバコを吹かしながら祈りを捧げるのだとか。

禁煙が叫ばれる昨今の世の中です。
肩身が狭い喫煙者としては、羨ましくも思えてしまいますね。

味わい

さて、前置きはこれまで。
さっそくビンのフタを開けてみますと……。

かぐわしい香り! これは、コーヒーですね。
それも焙煎したてのコーヒー豆の、非常に良い匂いがします。
コーヒーショップにでも行かないと、なかなか味わうことの出来ないアレです。

良いですね。私もコーヒーが大好きなコーヒー党なので、これだけでも非常に満たされます。
家だと、そう味わえませんからね。インスタントコーヒーに風味は無いですし。

お次は、味わいの方をテイスティングしてみます。

スー……っと、ゆっくりと吸い込む、と!

先ほどの焙煎コーヒーの香りが、すべてを包み込んでくれます。
鼻と言わず口と言わず、脳に響いてくるような濃厚な香りです。

コーヒー好きにとって、まさに至福のひと時です。

ついで、コーヒーのほろ苦くもコクがあり、どことなく甘い味わいが訪れます。
つい、はぁ~……という幸せの溜め息がこぼれました。

実に落ち着きますね。

ですが、WAKONDA(ワコンダ)の味わいはコレだけではありません。

煙を吐き出す際に、バニラ・フレーバーによる追撃が!
ちょうどコーヒーにミルクと砂糖を入れて、二口目を試してみた時のような感覚に襲われました。

そう、それが欲しいと思っていたところだったんです。
リキッドの製作者は、コーヒー好きのことを良くわかっていますね。
苦味が強い一口目の後には、ミルクなどで味をマイルドにした二口目が欲しくなるのです。
そうすることで、強い酸味や苦味が中和されて心地よく飲めます。

惚れ惚れしながら煙を吐き出し、そろそろ終わりかな……という頃。

最後にやってきたのは、愛おしいタバコの香り。
タバコだというのがハッキリと分かる存在感と、独特の辛味。

わかっている。実によく分かっていますね。
コーヒーを飲んでタバコを吸う=幸せ。
これが味わいたかったんです。

このレビューを読んでいる方の中にも、いらっしゃるんじゃないでしょうか。
「美味いコーヒーを飲み、タバコを吸うことが至福」
にも関わらず、タバコを止めたなどの理由で、もうその幸せを味わうことが出来ない。

飢えますよね。
私も意識してませんでしたが、WAKONDA(ワコンダ)を吸って思い出しました。
そして、幸せを感じると共に、飢えていたことを自覚しましたよ。ええ。

ブランドの特徴

ブランドは『NICOTICKET(ニコチケット)』です。

某動画共有サイトとは全く関係がありません。

このブランドは、2014年に「ETFベストリキッド大賞」というアメリカの大会にて、
ほとんどの部門で一位を受賞したという、新進気鋭のブランドなんです。

WAKONDAはコーヒー部門と、総合優勝で受賞しておりますから、それだけアメリカでも認められているのでしょう。

昨今のリキッドの風潮としては、フルーツ味が非常に人気だと言います。
そこでコーヒー味やタバコ味でもって総合優勝をもぎ取ったのは、ニーズが変わってきたということなのかもしれません。

まとめ

コーヒー好きでタバコ飲み、カフェインとニコチンの中毒者を自称する私としては、
普段から吸っていられるリキッドとして、非常に安定した出来だと思いました。

>>WACONDA(ワコンダ)はこちらからどうぞ

ツールバーへスキップ