RBAについて

RBAは自作のアトマイザー

RBAは「Rebuildable Atomizer」の省略でありまして、手作りのアトマイザーを使います。

RBAの原理はタンクの便利さと手作りの蒸気質を合わせることです。

ホビー用の電子タバコは全部高いというイメージですが、基本的に単純な物ですから割と安く購入することも出来ます。

アトマイザー自体を作る手作業必要ですが、好きなようにできます。また、蒸気が濃厚で美味しいです。

RBAのメリット

①維持費が安い。やはりタンクコイルを購入する費用がかかりますね。

②RBAはとても丈夫で故障する心配はあまりないです。

③ウイックは基本的にステンレス、セラミック、シリカなど味残さない素材いっぱいありますし、巻き方が自由です。

④蒸気の量はやはりタンクより濃厚で大量に作ります。

RBAやRDAのデメリット

①漏れること有りがち。必ずどこかが開いてますから、避けられない要素です。逆さに向けたり、横へ向けたりすると漏れます。

②携帯用ではありません。重くて、下へ向けません。

③リキッドを大量に使います。

④基本的に大きめのバッテリーと使う物ですから、安全性をしっかり意識しないと危険。初心者にとって入りにくい。

基礎として、オームの法則とアトマイザーについて>> また、電子タバコのバッテリーについて>>両方を理解した上で進んで下さい。

RBAの仕組み

大きく、2つあります。

rbadiag_medium

このシステムではタンクの上にあるアトマイザーまでリキッドを引っぱり上げるから、「トップフィーダーRBA」と言います。

rbabottomdiag_medium

 

:このシステムではアトマイザーやウイックがタンクの中心にある蒸気管の中にあります。ウイックは外にあるリキッドを下から受け、アトマイザーへ送ります。これは「ボトムフィーダー」と言います。

ウイックの素材について

色々ありますが、最も一般的はシリカです。ウイックは吸収性、吸収率、味にどんな影響与えるか、編み方(コイルに巻きやすい素材が良い)。また品質が良いものか確認して下さい。コットンの場合、日本製のオーガニックコットンが人気。

ウィックについてはこちらで詳細をまとめているので併せてお読み下さい→ウイックについて

コイル巻き方:(ジェネシスRBA(トップフィーダー)の場合)

始まる前に:新品でしたら、全部しっかり洗って下さい。これは加工中に付く油をとるためです。2?3回かかる場合もあります。

rbatophow_1024x1024

①まずウイックから:

スチール網を使う場合は、ウイック挿入口に入る太さに巻いて、ちゃんと入るかを確認して下さい。

②ウイックを火で燻します:これは残っている油を燃やすためです。または火を加えると燻した一層を出来るためです。この一層が電気に対する絶縁体になる効果があり、ショートを防ぐために全体しっかりやって下さい。

③ワイヤーの先っぽを留めます:事前に計ったワイヤーより少し長く切り、先っぽをドライバーでマイナスターミナルに固定し、クリッパーで余っているワイヤーをとります。

④ワイヤーをウイックに巻きます。

⑤ ワイヤーの先っぽをドライバーでプラスターミナルに固定し、クリッパーで余っているワイヤーをとります。

⑥巻いたワイヤーに万遍な間隔を空けてあるかを確認します。場合によって、ドライバーを使って、動かす必要です。

⑦一度OHM(抵抗)がバッテリー出電力に合っているかを確認したからMODに付けて、テストします。可燃の素材使う場合、ウイックが発火しないように、にリキッドをたっぷりかけて、浸透するまで待ちます。この場合、ホットスポットが出来ています。これはワイヤーに通ってる電力がワイヤーの一カ所に集中している現象です。少なくないし、起動し続けたらショートします。AVPの場合、セフティー機能が搭載しており、起動しませんが、MECHMODの場合は起動します。

⑧ホットスポットがある理由はワイヤーがまだ燻してません、またワイヤーに不純物があるからです。起動すると、自然に燻した一層が出来る。しかし、ワイヤーが全体的に燻すまでにこの現象が続き、蒸気がひどい味がします。(ワイヤーを巻く前にトーチライターでワイヤーを燻す方法もあります)。ホットスポットを無くすために何回か数秒起動することを繰り返したらホットスポットが消えますが、どうしても消えない場合は起動中にドライバーでワイヤーをやさしくたたいたら、消えます。

⑨ワイヤーが中のコイルから全部光ると良い

⑩リキッドをタンクにつぎ込み

⑪ウイックにリキッドが浸透したらRBAのアトマイザービルドが出来上がり。ふたとドリップティップ付けたら完成。

(金属以外のウイック使う場合は手順同じですが、ウイックの下準備(④)が不要。)

(注意点:ワイヤーがドリップティップやタンクのふたなどに接触しないように気をつけてください。ショートの原因になります。)

ボトムフィーダーRBAコイルの巻き方:(デュアルコイル):

rbabottomhow_1024x1024

① ベースにプラスとマイナスターミナルがあり、「レッグ」と言います。ワイヤーを固定するためにレッグの上にねじがあります。

②事前に計ったワイヤーより少し長めに切って、ドライバーに巻きます。

③出来上がったものはこれ

④火でコイルをしっかり燻します。

⑤コイルの間をレッグに付けて、ねじで固定します

⑥ドライバーを使って、コイルの位置と形を作ります。(レッグ以外の物と接触してはダメ)

⑦ワイヤーの先っぽ両方を残り一本のレッグに巻き、ねじでとめてから、余分のワイヤーをとります。

⑧コイル形を微調整します

⑨間隔を閉めるためにでコイルをしっかり撮みます。

⑩一度OHMリーダーで抵抗を確認してからテストします。ホットスポットで来ている場合、何回が数秒起動したら消えます。どうしても残る場合、コイルを優しく削ったり、たたいたりして下さい。きれいに中から光るコイルが良いです。

⑪コットンウイックをコイルに通します。(長めにするといい)

⑫カバー付ける時に出過ぎないようにウイックの長さを調整し、リキッドを付けて浸透させます。

⑬ベースの横にウイックが入るために4つの凹みがあります。その凹みにウィックをつめます。

⑭アトマイザーカバーを付けます。(コイルが接触してないかを確認して下さい)

⑮タンクフレームリングを付けます。

⑯蒸気管を付けます

⑰タンクガラス付けます

⑱ふたを閉めます

⑲タンクの外下にリキッド補充口があります。ねじで閉まっています。リキッド補充する際にあけて、もちろん戻して下さい。

リキッドを補充して、ドリップティップとバッテリーを付けたら完成。

スレッド

多くのRBAは510スレッドサイズ(ねじ切り)を使います。最も多くのバッテリーに相性がいいから、出来るだけそのようにすると楽です。またどうしてもの場合、アダプターを購入して使って下さい。

スレッドについて>>

ツールバーへスキップ