MODやAPVに使われるバッテリーについて

電子タバコのバッテリーについて

上級趣味の世界では、自由に電池を交換出来るAPVMODがあります。その代わりに大きな責任があります。それは、自分や他人の安全を考える責任です。無茶な使い方すると、電池が爆発する可能性は十分あります。また最も大きいなリスクは偽造品を使うことです。表記されている情報を信用できないからです。要注意を。

PCGA-BP51_opened_medium

MODは「Modify」の省略であって、「改装」することです。何を改装するかというと、最近になって、専用のバッテリーが出来ましたが、最初はノートパソコンのバッテリーを分解して、中の電池を使っていました。あの時代から、サイズの基準が引きずっています。

MODの使用はかなりの電力を使います。この使い方は電池大きいな負担をかけます。その負担は電池のパラメーター範囲内でしたら、特に問題はないですが、その限界を超えると事故が起こる確率を上げています。

またケアが非常に大切です。ちょっとした傷や鉄の破片のせいで、火事や爆発が起こります。電池を大切に扱いましょう。

パフォーマンスについてはアレンジメントによりますが、操作する方法は色々あります。またメーカーによってパフォーマンスの差が大きいです。

何度も繰り返しますが、OHM法則を理解しなければ行けません。そしてそれは自分のアレンジメントにどう影響するかを知るべきです。

電子タバコはオームの法則に基づいています。オームの法則は電子回路を完成させる原則です。電池というのはその電子回路の一部であります。このチュートリアルは主に電池についてのお話になりますが、完全に理解するために「オームの法則とアトマイザー」>>を先にお読みになって下さい。

MODアレンジメントについて:

大きく2つのカテゴリーに分かれます:

規制された電池と規制されていない電池。電池というものは自然蓄電力を放電するともに電圧も落ちます。可変電流型電池(規制されている電池)はこの電圧落下を防ぐために電圧コントロール基板を含みます。不可変電流型電池は全くこういうのはありません。

regulatedvsunregulated_large

1. 充電式APVMOD

基本的に最も使いやすくて簡単。電池がケースと一体になってますから電池交換が出来ませんけど、電池に傷つけにくい。USBコードで充電します。電圧を調整出来るからアトマイザーと合わせやすい。操作コンピュータが搭載しており、自動的に出電力を指定した電圧で安定させます。場合によって、OHM自動探知と電圧合わせ機能も搭載。電圧短路保護回路も搭載ですから、万が一ショートがあった場合、起動しません。

rechargeable_large

2. 電池交換式のAPVMOD

電池はケースと別のものであり、電池が弱くなったら、すぐ他の電池に交換出来ます。代わりに、電池の管理をきっちりしないとだめです。

電圧を調整出来るからアトマイザーと合わせやすい。操作コンピュータが搭載しており、自動的に出電力を指定した電圧で安定させます。場合によって、OHM自動探知と電圧合わせ機能も搭載。電圧短路保護回路も搭載ですから、万が一ショートがあった場合、起動しません。

regulatedmod_large

3. キックを使ったMECHMOD

本来であればのMECHMODに「キック」という電圧短路保護回路と使うことです。キックというパーツは基本的に短路(ショート)があった場合、MODを起動をさせない役割ですが、電圧安定させる機能付きのモデルもありますから、そうなるとAPVと変わりません。

もちろん電池のケアーと管理する必要あり。

withkick_large

4. MECHMOD

基本的にセフティーメカニズムが起動ボタンにあるセフティー以外、安全保護システムがありません。ですから、電流圧や抵抗が電池のパラメーター外であっても、起動します。利点はコイルを作る時に「ホットスポット」という現象が起こることもあります。これはワイヤーがまんべんに電気を通さない時です。何回かバッテリーを起動してコイルを加熱したら消えますが、APVや自動システムはホットスポットがショート(短路)として認識し、起動しません。MECHMODはそういう自動システムはありませんから、無理矢理起動させることが出来ます。またMECHMODはとても単純なものですから壊れにくい。

代わりに、ショートがない用に確認する必要。パラメーター範囲外でないことを確認する必要です。

mech_large

電池の仕組みとパラメーター

電池はこういう見分けがあります(IMR-18650)。でも同じ番号や文字であってもパラメーターや耐えれる負担やパフォーマンスが変わる場合がいっぱいあります。

mnke-imr-18650-mh46698-1500mah-20a-ecig-battery_1_medium

例:IMR-18650 1600

Nominal Voltage(通常電圧) : 3.7V

Capacity (容量): 1600mAH

Lowest Discharge Voltage(最低放電率) : 2.50V

Standard Charge (基準充電): CC/CV ( max. charging rate 4.5A(最高充電率) )

Duty Cycle Life (使用回数): > 500 cycles

Max. continuous discharge rate(最高連続放電率) : 15C

Operating Discharge Temperature(常温度) : -10 ? 60 度

電池名の読み方:

例:IMR-18650 1600

IMR=化学構成

-18650=電池のサイズ(18=mm直径、650=長さ)

1600=蓄電量(容量)

化学構成:

化学構成
陽イオン

種類 直径 長さ(1/10mm)
Lithium Ion Nickel Rechargeable 18mm 650
Lithium Ion Manganese
Rechargeable 18mm 350
Lithium Ion Cobalt Rechargeable 17mm 500
I=Lithium-ion(リチウムイオン電池), M=Manganese(マンガン), R=Rechargeable(充電可能), C=Cobalt(コバルト), N=Nickel(ニッケル)。注意:マンガンやニッケルの電池は科学的にコバルトより安全です。出来るだけIMR電池を使って下さい。

人気なサイズ:(18650は最も普及したサイズであり、それに合ったAPV/MODをおすすめします。)

26650 26500
18650
18500 18490
18350
17670 17650 17500
14650 14500 14250
CR123 16340
10440
CR2 15270

電池の放電率:(どこまで負担耐えれるか)

電池のCかA measurementも確認して下さい。2600mAhで1Cの電池の最高放電率は2.6Aアンプです。また2Cの場合、最高放電率は5.2アンプになります。つまり、C measurement が高いほど早い放電率に耐えれるということ(大きいな負担に耐えれることです)MECHMODお使いの方はなるべくC measurement 高い電池を使うべきです。(アンプ(I又A)で表記する場合もあります。)

例1:4.2V電圧電池を1.8OHMアトマイザーに合わした場合、OHM法則によると2.3アンプ(I)で、9.2ワットパワーになります。十分電池のパラメーター内ですから安全です。(OHM法則)

例2: 4.2V電圧電池を1OHMアトマイザーに合わした場合、OHM法則によると4.2.アンプ(I)であり、17.6ワットパワーになります。電池のパラメーター外になるから危険です。(OHM法則)

IMR電池は中の抵抗が割と低いし、標準は10C最高放電率ですからMECHMOD世界で最も人気です。

ICR電池は元々最初に出た電池ですが、標準は3C最高放電率しかありません。(基本的にProtected ICR Li-ion 電池はおすすめしません。爆発する可能性高いバッテリーで注目されています)

HYBRID電池

Sony_VTC5_medium

HYBRID電池は最近ソニー、パナソニック、サムスンなどが最近製造している新しい電池です。コバルトのカソードを使いますが、IMRの化学構成も入っております。同時に電池の容量を増やしながら放電率を上げる効果です。

(注意:すべてのHYBRID電池は放電率高いものではありません。パナソニックNCR電池は懐中電灯などの使用に設計しておりますから購入先に問い合わせ下さい。)

保護されているバッテリー使用について:

まず、「Unprotected」保護されていないバッテリーを絶対にMODに使わないで下さい。危険であり、元々ちっちゃなおもちゃや懐中電灯と使うために設計してありますから。

「保護されている」(Protected)電池というのは基準がないです。ある商品では両方とも過充電保護と過放電保護の意味にある。またより安定した化学構成であるとの意味になります。何れにしても、詳細を確認するといい。

信用できる電池:

パフォーマンスと安全性を考えてるなら、電池は高くても良いものを買うべきです。

おすすめの電池:

電池名・mAh 最高放電率

AW IMR
Aw 14500 600 mah 4 amp
Aw 16340 550 mah 4 amp
Aw 18350 700 mah 6 amp
Aw 18490 1100 mah 16 amp
Aw 18650 1600 mah 24 amp
Aw 18650 2000 mah 10 amp

Efest IMR
Efest 10440 350 mah 1.4 amp
Efest 14500 700 mah 5.6 amp
Efest 16340 700 mah 5.6 amp
Efest 18350 800 mah 6.4 amp
Efest 18490 1100 mah 11 amp
Efest 18650 1600 mah 30 amp
Efest 18650 2000 mah 10 amp
Efest 18650 2250 mah 10 amp

EH IMR
EH 14500 600 mah 4.8 amp
EH 15270 400 mah 3.2 amp
EH 18350 800 mah 6.4 amp
EH 18500 1100 mah 8.8 amp
EH 18650 2000 mah 16 amp
EH 18650 NP 1600 mah 30 amp

MNKE IMR
MNKE 18650 20 amp
MNKE 26650 15 amp

Samsung ICR INR
Samsung ICR18650-22P 2200 mah 10 amp
Samsung ICR18650- 30A 3000 mah 6 amp
Samsung INR18650-20R 2000 mah 22 amp
Samsung Samsung INR18650-15mm 1500 mah 23 amp

Sony
Sony US18650v3 2150 mah 10 amp
Sony 26650 2600mAh 26 amp
Sony US18650VTC3 1600 mah 30 amp
Sony 18650VTC4 2100mah 30 amp
Sony 18650VTC5 2600mAh 30 amp

Panasonic
NCR18650B 18650 NP 3400 mah 6.8 amp
NCR18650PF 18650 2900 mah 10 amp
NCR18650PD 18650 2900 mah 10 amp
CGR18650CH 18650 2250 mah 10 amp

Orbtronic
Orbtronic 18650 2900 mAh 10 amp
Orbtronic 18650 SX22 2000 mAh 22 amp

危険な電池:

品質が悪い、安い電池:

Trustfire, Ultrafire, Surefireなど

ジェネリックな電池(オークションサイト販売ものなど)。時々サービスとしてMODと一緒にもらいますが、使わないで下さい。

AWとソニーが最も人気な電池ですから偽造品が山ほどあります。要注意

「Stacking」(スタッキング:複数の電池を重ねる)について:

しかし、安全にできる場合がある一方、とても危険であり、おすすめできないときがあります。

no_stacking_medium

バッテリーを重ねると電圧を倍に増やせます。3.6V電池を2個重ねて、7.2Vが出るように使えるMODはあります。

主に2種類あります。一つ目はボックスAPVMODです。こういうAPVには「自動安全システム」が搭載しており、複数の電池を使えるように設計してあります。もう一つはテレスコープMECHMOD。こういうMODは複数の電池が入れるように作られていますが、一切安全システム含みません。かなり「電池のペアリング」について詳しくないとおすすめ出来ません。危険です。

ノートなどの複数電池バッテリーは工場でペアリングされています。これは両方ともの電池が全く同じ状態であることを保証出来るように。電池は一生ずっとペアでしか使われません。もし一致しない電池を重ねて使ったら、最初の内何も違和感がないかも知れませんけど、その内パフォーマンスの差が現れます。これはなぜなら、先頭の電池が後ろの電池から電圧を受けている一方、後ろの電池がその負担がありません。確実にパフォーマンスの差が出ます。そうなった時に、先頭の電池が「オーバーロード」(負担かけ過ぎ)の状態になり、爆発する可能性が急に上がります。周りの人の安全を考えて下さい。

短路(ショート)について

短絡が生じた場合、回路が誤動作したり、回路に設計値を超える大電流が流れたりするため、半導体、抵抗器(電子タバコの場合、はアトマイザー)、コンデンサなどが異常発熱し、焼損することがある。高温による火傷、発煙による有毒ガスの発生、部品の破裂などの危険を伴う。情報機器の場合、誤動作によるデータ消失がありうる。短絡により部品の破損が生じた場合、その部位を特定することが難しく、修理に手間取ることが多い。「wikipedia」>>

shorted_battery_medium

電子タバコで短路起こる最も大きいな原因は電池乱暴に扱う、電池のジャケットが破れていても使う、またMOD内に電力を通す破片が残っていること。

万一ショートが起こって、電池がガス漏れした場合、バケツ水に翌日まで置いといて、処分して下さい。

充電について:

recharger_medium

バッテリー蓄電力が完全になくなるまで使わないで下さい。3分の2がなくなると充電して下さい。完全に蓄電力がなくなると特別な充電器を使って、充電しないと復活しません。

また、バッテリーが完全に充電出来たら、すぐ止めて下さい。充電しすぎたら、また蓄電力が落ちる効果があります。

評価が高い充電器を購入すると良いです。レビューを参考にして下さい。

電池のケアについて:

tornjacket_medium

1. 必ず電池のジャケットが破れてないかを確認して下さい。

ジャケットの下にある鉄が何かに接触することがショートの原因になります。

2. 必ずMODに電池を使っていない時にプラスチックケースに保管して下さい。ポケットに入れると鍵などに傷つけられる可能性があります。

3. 良い充電器を買って下さい。色んな電池に対応出来る、過充電保護システム搭載の充電器がおすすめ。Pila, Xtar, Nitecore Intellicharger ? など。

6. 常識を使う。熱い場所に保管しない、乱暴な扱いしない、落とさない、つぶしたりしない、鉄の容器に保管しないなど

まとめ

無茶な使い方しない限り、安全にMODを使えます。MODより実際、毎年の事故数をみると、最も事故を起しているバッテリーは偽造品のEGO、VapePen電子タバコです。(要注意)

色々試す前に電子的に安全であるかを確認すれば問題なく楽しく、MODを楽しめます。

ツールバーへスキップ